帯留めを手作りしました2012/01/24 12:51

今日はカジュアルな帯留めの作り方をご紹介。

「手作り」「帯留め」などの検索ワードで調べると、皆さん、かわいい陶器やガラス製の箸置き、ブローチなどを使って帯留めを作られてて、私も一つ作ってみることにしました。

まず、材料はこちら。
材料一式

またまた貴和製作所にお世話になりまして、帯留めパーツとセメダインを購入。
そして、どっかのミネラルフェアに遊びに行ったときにタダで貰い、使い道のないまま持っていた「アメジスト」と「ブルーレースアゲート」のタンブル各1個。

サイズの参考に↓
目盛り付き

後は簡単。 金具にセメダインで貼り付けるだけです。 はい、完成。
完成図1

カジュアルな着物や浴衣などに使えそうな帯留めの完成です。
ガラスや陶器の箸置きと違って、元々こいつは硬い石ころなので、ぶつけた衝撃で欠けた・割れた、という心配がいらないのが良いですね。
アメジストの帯留め

天然石のタンブルは科学系の博物館の土産物コーナーなどで売られてます。いろんな形、模様があるので、自分の気に入った石を選ぶのも楽しそうですね。
帯留めの金具に貼り付けるため、貼り付ける面が極力平らなモノを選ぶのがポイントでしょうか。

↓写真だと全体的に白っぽくなってますが、実物は淡い藤色と白い部分とで縞模様が綺麗にでている石です。
アゲートの帯留め

そうそう。今回、セメダインも新しく買いました。
固まるまで2時間ぐらいかかるモノなので、石を貼り付けた後、位置調整ができるので便利でした。
この硬化したセメダイン自体に弾性があって衝撃吸収の機能があるらしいので、どのくらいそれが有効かは、これから帯留め使っていく中で確認してみようと思います。

革紐のペンダント作成2012/01/23 15:08

1年半ほどジーンズに合わせて使っていたカジュアルアクセサリーの革紐が切れちゃいました。
まあ、300円のチープアクセサリーなので、そんなもんですよね。

で、気づいたときには紐が切れてた後だったので、気に入ってたアンティーク風の「鍵」の形をしたペンダントヘッドをとこかに落としてしまった模様。
しょうがないので、今度は自分で作ることにしました。
といっても方法は簡単。
貴和製作所で、気に入ったペンダントヘッドと革紐買ってきました。
作成前

革紐 40円。 アンティーク風の鍵の形をしたペンダントヘッド 315円 ぐらいでした。 安っ。
 
ペンダントヘッドをアップで。可愛いでしょ?
ペンダントヘッド

このペンダントヘッドを革紐に通して結ぶだけ。 はい完成!
完成

今度の革紐がどのくらいもつか判りませんが、まぁ、元々使っていた300円アクセサリよりかはしっかりした作りのモノができたのでよしとします。

SONYリーダー 使用記録2012/01/13 16:16

クリスマスに買ったSONYリーダー、つらつら使っています。
電子書籍専用端末を使ってみて、気づいたこと。

・文庫本より端末が軽い
・思いのほか、バッテリーの持ちは良かった
・ページをめくる際に、電子ペーパー特有の一瞬白黒反転するアレ、すぐに慣れて気にならなくなる。
・青空文庫をPDFに変換してくれるサービスを使って作ったPDFファイルを取り込んでみたが、なかなか良い見栄えで読みやすかった。

欠点(?)と思われること
・推理小説、特に海外翻訳モノを読む際に、冒頭の「登場人物一覧」を頻繁に参照したくなるのだが、電子書籍だとページを行きつ戻りつするのがめんどくさい。
→たしかあの辺に書いてあった…とページをパラパラめくって伏線の確認をしたいときなど、一覧性、という点では紙の文庫の方が優れてますね。

利点(?)と思われること
・ご飯食べながらとか、ドライヤー使いながらとか、両手が塞がっているときにも本が読める。
(机の上に端末を置いて、ページめくるときにボタンを押せば良い。楽ちん)
・クトゥルフ神話作品集など、キーワードで物語を検索したくなるようなモノの場合、電子データなのは強み。

……こんなところでしょうか。
じっくり挑みたい推理小説などは紙文庫で、さらりと流せる作品は電子書籍向きって事ですかね。

後は、もう少し自分の欲しい作品が電子書籍化されてくれると嬉しいんですがね-。
絶版本とか。

あけましておめでとうございます2012/01/04 00:31

今年もよろしくお願いします。

昨年は1年、本を読み、映画や観劇、美術展に博物館といろいろインプットをさせてもらいました。

今年は、何らかの形でアウトプットに繋げられるようにできたらいいなぁ、と思っております。

SONYリーダーを入手しました2011/12/28 15:47

クリスマスプレゼントにSONYリーダーを買ってもらいました。

ついに電子書籍が私の手元にも!
(以前からAndroidアプリでKindleと青空文庫は読んでましたが、いわゆる商業ベースの電子書籍はこれが初)

そもそものリーダー購入の動機は、ハヤカワがクリスティ文庫全100冊を1年かけて電子書籍化する、という話を聞いて、それじゃ本棚のスペースも取らないし買っても良いかな、というわけで。

ボチボチ使用してみて使用感を書き留めておこうと思います。

とりあえず、記念すべき電子書籍1冊目として「そして誰もいなくなった」を購入しました。

電子書籍版を購入して気づいたことは
・表紙が文庫とは違う(クリスティの肖像にタイトル文字というシンプルなモノ)
・巻末の解説はついていない
の2点です。

どちらも、表紙絵描きさんや、解説の筆者さんとの契約等の関係で電子書籍にはそのまま収録できないんでしょうかね?
こういう大人の事情のところは良くわかりませんが、紙の文庫と完璧にイコールの収録内容を期待していると、残念に思われる人もいるでしょう。

まぁ、そもそもSONYリーダーは電子ペーパーのためカラー表示は無理ですから、文庫と同じ絵でもモノクロ表示になっちゃうなら、こっちでも良いかなぐらいしか私は思ってません。
解説ネタも無いならないで、「ま、いっか」ぐらいの感想しか持たないから、あまりその点で損した気分にはなりませんでした。

ただ、そもそもの値段設定がちょいと高い気がしますよ。せめて500円台にしてほしかったなー…。